「ユピテルとセメレ(Jupiter et Sémélé)

「ユピテルとセメレ(Jupiter et Sémélé)

「ユピテルとセメレ(Jupiter et Sémélé)

Partager
Matière et technique: 
オイル・オン・キャンバス
Origine et date: 
1889年にレオポルド・ゴルトシュミットにより注文され、1895年に完成した作品です。
Artiste(s): 
6 avril 1826
Paris
18 avril 1898
Paris

Dimensions :

2.12 m
1.18 m

この作品の最初のエスキースは、1889年のものですが、注文主であるレオポルド・ゴルトシュミットの手元に届いたのは1895年のことでした。ゴルトシュミットは、1903年、この作品を美術館に寄贈します。ギュスターヴ・モローの芸術の集大作と言えるこの作品は、絵画という手段を用いたモローの遺言だと考えることができます。ハルモニアーとテーバイの王カドモスの娘セメレは、雷火をまとったユピテルの姿に打たれ、打ちのめされている姿で描かれています。ここには、神の正妻ユノーの危険な言葉を聞いた結果が表現されています。嫉妬深いユノーは、セメレの信頼を得るため、乳母ベロエに身をやつし、ユピテルの本性が命取りとなることを知りながら、恋人にその姿を現すことを求めるようセメレをそそのかします。目を隠した翼をもつ人物像は、モローにとって「地上の愛の神、雄ヤギの足を持った神」です。しかし、時には神とセメレの悲劇的な愛の化身バッカスと見なされることもあります。母体から引きはがされたバッカスは、神話によると、父の太腿の中に縫い込まれて育ったと言われています。玉座の周りには、葉に紛れて、数多くの人物が現世を超えた命に目覚めています。伝統的な図像を断ち切り、モローは若い神を描き、手にはアポロンやオルフェウスの象徴であるリラを持たせ、神を詩人に仕立てています。王座の足元には、2つのアレゴリーが描かれています。それは、血で覆われた剣を持つ、仕事を終えたばかりの「死」と、キリストと同様にいばらの冠を冠り、純粋さの象徴である百合を持つ「苦しみ」です。モローにとって、それらは「人類の命の悲劇的な基盤を形作っている」のです。これらの2人の人物像の近くには、ユピテルの属性である羽根を広げた鷲と、雄ヤギの足を持った神パンが描かれています。その腿の周りには、様々な小さな存在が、その束縛から逃れようともがいています。地球の神であるパンは、天とヘカテーが君臨する地獄(夜)が交差する場を作っています。ヘカテーは、作品の下に、三日月を頭に乗せた人物像で表されています。彼女の近くには、「光の生に到達しなければならない、エレボスの怪獣で構成された陰鬱な軍隊、異質な存在、[…] 、影と謎の存在、不可解な闇のエニグマであふれかえって」います。作品の下に描かれた2頭のスフィンクスは、過去と未来を象徴しており、この地獄の群れの番人を務めています。作品の下部分から垂直に、魂が徐々に精神的な高みに向けて進んでいく道のりが示されています。