「テスピオスの娘たち(Les Filles de Thespius)」

「テスピオスの娘たち(Les Filles de Thespius)」

「テスピオスの娘たち(Les Filles de Thespius)」

Partager
Matière et technique: 
オイル・オン・キャンバス
Origine et date: 
この作品の制作が開始されたのは、1853年の事でした。そして、1882年に拡大されます。
Artiste(s): 
6 avril 1826
Paris
18 avril 1898
Paris

Dimensions :

2,58 m
2,55 m

ギュスターヴ・モローがこの作品の制作に着手したのは、1853年の頃でした。そして、1858年にはすでに制作が進んでいたものと思われます。というのは、1月22日、母ポーリーヌがイタリアにいるモローに次のような書簡を送っているからです。「昨晩、あなたのお父様に、あなたが女性に囲まれたヘラクレスよりも良い作品を制作していると思うか尋ねられました。私はあなたが大きく進歩したと考えています。私はあなたに大きな期待をしているので、あなたが私を満足させてくれると信じています。だから私はそんなに驚かないでしょう」。1882年、作品は拡大されますが、「制作中」のまま残されます。中心部分には、テオドール・シャセリオーと、1853年にサロンに出品され、その後1855年に万国博覧会に出品された作品「テピダリウム(Tépidarium )」(パリ、オルセー美術館、RF 71)の影響を見て取れます。モローはこの作品の中に、みだらであるため、あまり描かれることのない神話の非常に個人的なビジョンを描きます。ゼウスとアルクメネの息子ヘラクレスは、18歳の時キタイローン山のライオンを退治し、義父アムピトリュオーンの軍隊と王テスピオスの軍隊に被害を与えます。子孫について懸念を抱いていた王テスピオスは、ヘラクレスを歓待し、50人の娘と子どもをもうけさせようとします。これが、画家がテーマに選んだ「この創造の偉大な行為」に先立つ瞬間です。ヘラクレスは、非常にミケランジェロ風な、瞑想しているかのようなポーズで、中心に座っています。彼の後ろには、「雄牛とスフィンクスによって象徴される、2つの自然のシンボル太陽と月が付いた標石が2つ描かれています。これは生命、創造の2本の柱であり、2つの性の継続的な二元性を象徴しています」。モローは、王の娘たちの表情やしぐさを様々に変化させています。このキュプロクスの婦人部屋にいる娘たちは、歩きまわわったり、微睡んだりしています。半神について、モローは次のように述べています。[…] 自身の中に、この魂の大きな高揚と同様に、創造し、誕生させる者の大きな悲しみを感じています。彼は、その運命づけられた行為それぞれに対して、犠牲を求められているのです。全ての根源の宗教的な重み全てが、彼にのしかかっており、彼に命を吹き込み手助けするのは神なのです」