「求婚者たち(Les Prétendants)」

「求婚者たち(Les Prétendants)」

「求婚者たち(Les Prétendants)」

Partager
Matière et technique: 
オイル・オン・キャンバス
Origine et date: 
この作品の制作が開始されたのは、1852年の事でした。そして、1882年頃に拡大されます。
Artiste(s): 
6 avril 1826
Paris
18 avril 1898
Paris

Dimensions :

3,43 m
3,85 m

「求婚者たち(Les Prétendants)のプロジェクトは1852年に遡ります。しかし、ギュスターヴ・モローが本格的に取り掛かったのは、イタリアから帰国した1859年末のことでした。一度も完成されなかったこの作品は、見てわかる通り、1882年に垂直・水平方向にキャンバス地のテープが加えられ、最終的な大きさになります。その壮大な大きさ、一般的な配置から、この作品はしばしばトマ・クチュールの「退廃期のローマ人たち(Romains de la Décadence)」(パリ、オルセー美術館、Inv.3451、1847年)と比較されます。この作品は、ジャン・ロランを魅了し、1901年に出版された小説「フォカス氏(Monsieur de Phocas)」の第31章に記述されています。テーマは、オデュッセイアの叙述詩第 22 章から採用されています。イタカ国に戻ったユリシーズは、不在の間妻ペネロペに言い寄っていた若い貴族たちを殺害します。絵画の奥の方に描かれたその姿は、弓を持ち、ミネルバを象徴する動物フクロウを頭にのせています。最後の審判のキリストのように、この殺戮のシーンに光り輝く女神が登場しています。数多くの肉体が描かれていますが、その中に複数の人物像が浮き彫りにされています。右には、青い衣服を身に着けた若い両性具有者(1858年にフィレンツェのウフィツィ美術館で模写したアッティス神の古代彫刻からインスピレーションを受けている)が描かれています。中央には王子であり詩人である人物が、膝をつき、ひじで叙事詩人ペーミオスを擬人化したリラを押さえています。ユリシーズは、息子テーレマコスの求めにより、ペーミオスを許します。モローにとって、「不安を持ちながらも、詩的な夢からは目をそらしていないこの人物は、若く美しいギリシャ人であり、死を軽蔑し、運命に挑む芸術と思考の母を具現化したものです」なのです。左には、死を待つ2人の青年が描かれています。一人は、膝をついて雌鹿を抱きしめており、もう一人は槍を持ちながら腰を掛け、杯を口元に持ち上げています。モローは、2人の存在について「過去の芸術家たちは、最も悲劇的な構図の中にこのような落ち着いた人物像を描き、精神と目に休息を与えていました。 […]これらの人物像は、鑑賞者に純粋な造形美を想起させ、その美しさは静けさによりさらに増すのです。不釣り合いな雰囲気を作り出すこれらの部分が鑑賞者の目を惹きつけ、精神的に、動きのある人間の体よりも観想的な動きのなさの方を好むように仕向けるのです。」