「オイディプスとスフィンクス(Œdipe et le Sphinx)」

「オイディプスとスフィンクス(Œdipe et le Sphinx)」

「オイディプスとスフィンクス(Œdipe et le Sphinx)」

Partager
Matière et technique: 
紙にデッサン
Origine et date: 
日付不明
Artiste(s): 
6 avril 1826
Paris
18 avril 1898
Paris

Dimensions :

204 cm
104 cm

 「パレ・ドゥ・ランドゥストリーの中心に雷鳴が響き渡った」 1864年、ギュスターヴ・モローがサロンに「オイディプスとスフィンクスŒdipe et le Sphinx)」(ニューヨーク、メトロポリタン美術館)に出品した際、「Journal du Loiret」誌はこのように表現します。テオフィル・ゴーティエ、マキシム・デュ=カン、ポール・ドゥ・サン=ヴィクトール、ジュール=アントワンヌ・カスタナリー(熱烈な自然主義者の弁護者であったにもかかわらず)といった、優れた批評家たちに称賛され、ドーミエ、チャム、アルフレッド・グレヴァンにより風刺的に特徴が描かれたこの作品は、歴史的絵画を一新させた「学校の芸術ではない叙事芸術を制作する」というインスピレーションによって知名度が高まりました。この作品は、ナポレオン公によって買い上げられます。木炭と白いチョークを使って大きな紙に描かれたこの作品は、彼の制作における1つのステップになっています。この作品では、イオカステーとテバイ王ライオスの息子オイディプスと、スフィンクスは同じプロポーションで描かれています。しかし、オイディプスが手に持つ槍(左の二頭体に投影された影で判明)、岩場に逃げていく鳥たち、古代の花瓶に施された円柱形装飾、下に描かれ、蝶を脅す蛇といった数多くのディテールが省略されています。また、どうしても比較してしまう、1827年にアングルがサロンに出品した作品「スフィンクスの謎を解くオイディプス(Œdipe explique l’énigme du sphinx)」(パリ、ルーヴル美術館R.F.218)のように、前面に加えられた緻密な部分、怪獣の犠牲者の不吉な思い出もまた、欠如しています。モローはこの作品の中で、古代の神話に対する私達の見方を一新させています。足元のローリエの枝と手の中のローリエが示すように、オイディプスが勝者となるこの争いは、善と悪の戦いと、精神と物質の戦い、そして男女間の争いを表しています。この謎について、エルネスト・シェノーは、「女性の謎と同じではないだろうか?」」述べています。