「キマイラたち (Les Chimères)」

「キマイラたち (Les Chimères)」

「キマイラたち (Les Chimères)」

Partager
Matière et technique: 
オイル・オン・キャンバス
Origine et date: 
右下に署名と1884年の日付入り。
Artiste(s): 
6 avril 1826
Paris
18 avril 1898
Paris

Dimensions :

236 cm
204 cm

1880年に着手されたこの大型の作品は、その暗いトーンと緻密なデッサンにより、中世のタピスリーのような様相を作っています。しかし、この作品は未完のまま残されました。モローは、母が他界した年である1884年という日付をこの作品に入れています。この作品は、モローがベネチアのアカデミア美術館で複数の習作を制作した、ヴィットーレ・カルパッチョの「一万人のキリスト教徒の殉教(Martyre des dix mille chrétiens au mont Ararat)」の構図からインスピレーションを受けています。その図像は複雑です。「悪魔的なデカメロン(Décaméron satanique)という副題が付けらえたこの作品は、 […] 女性が持つあらゆる情熱、幻想、気まぐれのフォルム」を表しています。大抵の場合、登場人物と共に、想像から生まれた怪獣キマイラが共に描かれています。中央には、雄ヤギにのった「淫蕩」のアレゴリーを目にすることができます。そして、その下にはイヴでしょうか。人間の頭を持った蛇を巻きつけた謎の人物が描かれています。女性には、エウロペでしょうか。羽の生えた雄牛の背に乗った女性と、ユニコーンの頭をなでる豪奢な衣服を身に着けた女性が描かれています。この人物は、1500年頃に織られたクリュニー美術館所蔵の6点のタピスリー「貴婦人と一角獣(Dame à la licorne)」の中心に描かれている女性の姉妹のように見えます。半裸で手に棒を持った女性は、天使の声を聞くために足を止めています。もしくは、楽器が奏でる音楽かもしれません。この作品の中では、女性は様々な精神的なレベルで描かれています。切り立った岩や山々は、彼女たちが救済され、過ちに対する許しを得るために進まなければならない道のりを象徴しています。贖罪は、小さな十字架によって象徴されていますが、山によってほとんど見ることができません。「人生の最後の段階、 再生と慈悲の最後の試練、残酷な試練の後、非現実的な夢や廃墟の恐ろしい夢、苦しみや死の夢を避け、それに打ち勝つことができた存在の最後の避難場所」