出現(L’Apparition)

出現(L’Apparition)

出現(L’Apparition)

Partager
Matière et technique: 
オイル・オン・キャンバス
Origine et date: 
日付不明
Artiste(s): 
6 avril 1826
Paris
18 avril 1898
Paris

Dimensions :

142 cm
103 cm

この作品は、ジョリス=カルル・ユイスマンスにインスピレーションを与えた、同じ題名の有名な水彩画(ルーヴル美術館、グラフィックアート部門、オルセー美術館所蔵)の図像を改めて採用したものです。ユイマンスは小説、「さかしま(A rebours)」の中で、数ページに渡り触れています。これは、マタイによる福音の第14章の物語を描いています。ヨハネは、王ヘロデとヘロデアとの間の非合法な結婚をとがめたことから、獄に繋がれます。わずらわしい存在のヨハネを排除するために、王妃は王の前で娘サロメに舞をまわせ、その褒美として王にヨハネの首を要求します。この短い物語は、罪の首謀者ではないサロメの人物像に焦点を当てた作品を非常に多く生み出しました。このユダヤ人の王女は、画家たちの創造力を掻き立て、魔性の女の原型となります。そのため、ギュスターヴ・モローは、恐怖におののいたサロメの前に血がしたたるニンブスの付いた頭を出現させ、その伝統を打ち破ります。この作品では、左には妻の近くの高い場所にある玉座に座ったヘロデが、右には剣を手にし、平然とした虐待者が描かれています。暗い背景には、線で風変わりな建物が描かれており、異教徒の神の姿と中世の装飾モチーフが混合して描かれています。モローの芸術の特徴であるオーナメント的な装飾が、最も遠い過去や、最も遠い文明を表現するために用られ、その時間と空間的な位置を見定めることは困難を極めます。また、これがその謎めいた特徴を加えています。ギュスターヴ・モローは、この聖書のエピソードを、道徳的で夢の口実となる寓話や、絵画という詩に変えています。