ギュスターヴ・モローのアパルトマン [Apartment]

自宅を美術館にすることを決定する以前、ギュスターヴ・モローは作品を両親と幸せな時を過ごした2階の部屋に「小さな美術館」を作り、そこに保存することを考えます。3階と4階に大きなアトリエを作ることを目的に行われた1895年の工事の際、かつて母の寝室であった部分を含む自宅の前面が壊されることになります。そのため、調度品や思い出の品は残ったダイニングルームに移され、居間は寝室に作り替えられました(ただし、モローはどちらかというとアトリエに寝泊まりしていました)。そして、ギュスターヴ・モローのかつての寝室は、非常に若くして亡くなったアレクサンドリン・デュルーの思い出の品を集めた私室となりました。モローはその調度品を買い戻していました。それは、両親が住んでいたころのアパルトマンとは全く異なる形となりました。象徴的な改築が、両親の思い出と大切な人々の思い出を基に、モローによって手掛けられたのです。配置は日常生活のためではなく、永遠の時を考慮して行われています。
ギュスターヴ・モロー美術館友の会、CGIP、フランス芸術友の会は、1991年に一般公開された画家のアパルトマンの修復工事に協力しました。美術館開館100周年を記念して、美術館友の会はまた、2003年6月にオープンした受け入れの間の修復にも参加しています。