ダイニングルーム [The Dining Room]

ダイニングルームは海緑色の板張りで、1852年に購入されたアレクサンドル・フルディノワのルイ16世風の椅子が置かれています。そこには、大昔に売却されたギュスターヴ・モローの作品の写真とその他の芸術家たちが手掛けた版画が飾られています。

食器棚に飾られた陶器は、とりわけ贅沢なものです。ムスティエの卓上給水器の周りには、16世紀のウルビーノ(または画家の言うことを信じるのであればファエンツァ)の丸皿とベルナール・パリッシーとその後継者による皿と鉢が置かれています。王政復古時代末期と第2帝政時代の特徴がよく現れたこのコレクションは、おそらく父ルイ・モローによって集められたものでしょう。しかし、青と緑のエナメルの豪華な模様入りの皿は、モローの用いた色彩と無関係ではありません。

Vues de la salle à manger de Gustave Moreau